カタイ社名で、じゆうな発想。
ドローン

じゆうな発想で働き方を変える。

Drone × Health × Security

お問い合わせはコチラ
t-frend

Drone × Health × Security

ドローンの目が、
社員と企業を守る。

企業と社員を守る次世代型サービス。
自動飛行するドローンがオフィス内の設定したコースを巡回します。
ドローンの巡回によって、退社時間を過ぎても在席している社員の退社を促し、
社員のワークライフバランスを実現、健康増進を図ります。
また、夜間に巡回し、オフィス内の状況を映像として記録することで、
オフィススペースのセキュリティ強化も行います。

CONCEPT

Drone×Health

社員の健康を守る

ドローンがオフィス内を巡回撮影し、在席する社員の退社を促すことで、社員の心と体の健康を守ります。長時間労働の是正などの「働き方改革」への具体的な取り組みとしてT-FRENDは期待されています。

オフィス内を巡回撮影

オフィス内を巡回撮影

巡回時間やルートを設定することで
オフィス内の就業状況 を撮影します。

退社を促します

退社を促します

退社時間を過ぎても在席する様子は
業務改善に向けた資料として
記録されるため、
スムーズな残業抑制につながります。

Drone×Security

セキュリティレベルを向上

オフィス内の状況を映像として残すことでセキュリティレベルの向上による社内情報流出の阻止、
不審者の発見が可能です。

巡回飛行により不審者を発見

巡回飛行により不審者を発見

BENEFITS

働き方が変わります。
T-FREND導入メリット

長時間労働の改善のために

ドローンによる巡回は労働環境にメリハリを与え、長時間労働の改善に効果があります。ワークライフバランスを意識づける象徴として、社員の健康を守ります。

REPORT 01

T-FRENDによる長時間労働の改善例

T-FREND導入前は、70名勤務の事務所で20名が残業していましたが、
導入後は3名にまで改善しました。

長時間労働の改善のために

コストカットにも効果あり

社員の長時間労働を改善することは、残業代の抑制にもつながります。これにより企業の体力を高めるとともに企業の成長を後押しします。

REPORT 01

T-FRENDによる残業代の削減イメージ

70名勤務の事務所で残業代として約168万円の費用が発生していましたが、
T-FREND導入により約150万円の残業代削減効果がありました。

コストカットにも効果あり

SPECIFICATION

Drone

[ ドローン ]

GPSを使用しない※屋内自動飛行システムとナビゲーションシステムの搭載により
屋内における自動飛行が可能になりました。

※本システムは、Blue innovationが開発するBlue Earth Platformを使用しています。

ドローン詳細情報

T-FREND 仕様

飛行時間 連続稼働10分
機体重量 2,000グラム
搭載カメラ
(動画撮影)
解像度:1920 (H) ×1080(V) 、pixels MJPEG 30fps 、画角90度
飛行速度 通常時:0.3m/s
サイズ フレーム幅:42cm(プロペラガード含む)、高さ:22cm、プロペラ:8インチ

Flight Course

事務所内通路を飛行ルートとして設定することができます。
※直線飛行・L字飛行が可能です。

Flight Course

Height to fly

T-FRENDは高さ1.8m前後の飛行高度で移動し、広範囲を映像に収めることが可能です。
※施設環境により飛行高度は異なります。

Height to fly

Tablet

[ タブレット ]

飛行ルートや飛行開始時間の設定・制御は
専用タブレットからカンタンに行うことが可能です。

タブレットで簡単設定

タブレットで簡単設定

専用タブレットからアプリケーションにログインすることで、飛行ルートや飛行する日付・時間などを簡単に設定することが可能です。

飛行ルートを自由に設定

飛行ルートを自由に設定

飛行ルートの設定画面では、オフィス内の飛行可能エリアと飛行禁止エリアが色分けされて表示されます。
飛行可能エリアをタップすると、タップした順に番号の付いたマーカーが表示され、マーカーの番号順にドローンが飛行します。

Record

[ 撮影動画保存 ]

飛行中は搭載カメラにて動画撮影を行い、クリアな映像として保存されます。

Record Record

Secure

[ セキュリティ ]

インターネットを経由しないクラウドダイレクト接続によって、T-FRENDが記録したデータは
閉域網内にあるクラウドサーバーへ伝送されます。

Secure

Q&A

Q1.
飛行時間はどの程度ですか?
A1.
1回の充電で10分程度の飛行が可能となります。
フライト空間によって異なりますが、10分間の飛行においては、1フロア3,000㎡以上のオフィス面積に対応致します。
Q2.
メンテナンスはありますか?
A2.
飛行回数、飛行空間によって異なりますが、数カ月に1回専門スタッフがドローンのメンテナンスをさせていただきます。
Q3.
料金体系は?
A3.
サービスパッケージレンタル契約となります。(ネットワーク費用、保険費用含む)
レンタル契約期間(6カ月・1年)によって異なります。
詳細については、お問い合わせ下さい。
Q4.
導入までの流れは?
A4.
①現地調査(飛行ルート確認、安全確認)
②空間マップの作成、マーカー設置
③デモフライト
④本格稼働
※導入までは約1ヵ月半~2ヵ月程度の期間を要します。
Q5.
搭載するバッテリーは発火することはありませんか?
A5.
バッテリーには保護回路を搭載し、バッテリーの状態(バッテリー残量、充放電状態)を常に管理し、専用充電器との組み合わせで発火リスクを低減しております。
また、リチウム・イオン電池ですので強い衝撃等を与えないよう、取扱には注意が必要となります。
Q6.
撮影した映像が外部へ流出する可能性はありませんか?
A6.
ドローンで撮影したフロア内の映像は、NTT東日本が提供する「フレッツ・VPN」「クラウドゲートウェイ」等のサービスと組み合わせることで、インターネット回線を使わないクラウドとの閉域ダイレクト接続を行い、秘匿性の高い大量の映像データ等を、高速かつ安全に利用できる通信網を構築していますので安心してご利用頂けます。
お問い合わせはこちら 03-6457-8051